即日借入入門書43

総量規制対象外カードローンの総量規制対象外カードローンによる総量規制対象外カードローンのためのサイト|即日借入入門書43

  1. >
  2. 銀行のカードローンの上限金利の設定に注意

銀行のカードローンの上限金利の設定に注意

銀行のカードローンは低金利に設定されているというのが最大の特徴ではありますが、実際によく見てみると上限金利の設定は銀行によって大きく変わってきてしまう事もあります。銀行のカードローンの上限金利の設定は基本的に14~15%になっていますが、中には18%と消費者金融と同じ設定になっている場合もあります。そのため銀行のカードローンを利用する時はまず上限金利がどのぐらいに設定されているのかを確認する事が大切です。それで上限金利が14~15%に設定されている銀行のカードローンを選ぶといいでしょう。

カードローンは、負担のかからない返済がいいです。

カードローンで少額の場合、一定期間なら金利が発生しないので借りるなら是非、お得に借りたいので利用したいと思います。企業によって30日間以外にも借入金のうち5万円を180日間0金利やATM手数料も0円という所があるので返済に困らないように考えて申し込みしたいです。パソコンで申し込みが簡単に出来て身分証明書だけ提出すれば、所得証明書の提示の必要がなく返済する時にも負担のかからない企業を選びたいと思います。

銀行で簡単に…とはいうけれど

昨今テレビCMでもよく見かける「カードローン」。

かつての「サラ金」「キャッシング」と違い言葉の耳障りが良く、返済が分割でできる等手軽になったイメージがある。

また、銀行がサービスを提供しているのもあり、申し込みをしてカードさえ作れば現金引き出し感覚で銀行ATMを利用して借りることができる。

ただ、いくら便利で呼び方が変わって、銀行でサービスを受けられるからといって「借金をする行為」だとというのを忘れてはいけない。

借りたら当然返済をする、また金利を上乗せしなければならない。

銀行ATMからキャッシングすると、現金引き出しと錯覚し、後から金利が上乗せされた返済額を確認して顔面蒼白する人も少なくないのではないかと思う。

余程緊切に大金が必要になったときは便利なサービスだとは思うが、そうでなければ銀行で通帳残高以上の金額はATMから引き落とさないという心がけが大切だと思う。